LOCANDA世田谷
Lunch&Cafe
Dinner Menu
Drink Menu
LOCANDA News
Blog
ロカンダ世田谷の書棚から〜Hawaii編〜

『ロカンダ世田谷』の書棚より⑭

次はイタリアです!

少しご無沙汰してましたが、ハワイの次はイタリアにいきます!ハワイの次に愛して止まないのが、イタリア♪♪♪

とりわけ、ロカンダはトスカーナ好きです(^-^)フィレンツェが一番有名だし、捨てがたい街だけど、一押しはモンタルチーノと言うことになりますね!

image

フィレンツェから南に下り、シエナを越えてドルチャ渓谷の手前、丘の上に広がる城塞都市###フィレンツェとシエナが戦った時には、シエナ側で最後まで戦った都市です!
だから、今だにモンタルチーノの人々はフィレンツェのことが嫌いだとか(^^)(^^)
とにかく、ブドウ畑と麦畑が続き、イトスギが列をなしている風景は、魂が揺さぶられますねぇ♪♪
特に今頃の季節は最高、今日の東京も午後から快晴ですが(^o^)

image

この辺りのブドウはサンジョベーゼ、美味い赤ワインがいっぱい♪♪特にブルネッロで作ったモンタルチーノは最高(^o^)

image

このビオンディ サンティなど名だたる作り手が###
是非、お試しあれ!

image

まずは、モンタルチーノで買ってきた写真集とトスカーナワインの本(これは日本で買いました)。
書棚にあるのに気付いたら、ご覧なって見て下さいな♪♪♪
今回はここまで(^.^)

『ロカンダ世田谷』の書棚より⑬続

カネオヘ湾のsunken  island の写真入れ忘れちゃいました……
本の写真を撮ったので、よくわかんないかな(笑)

image

因みに、他の写真は自分で携帯写メしたものだよ##
被写体がよければ綺麗なもんだよ♪
おまけで、コオリナの道路沿いに連なる<ねむのき>!これが巨大になると、『この木  なんの木  気になる木……♪♪♪』になるよ(^.^)

image

ついでに、カエナポイントの出前、ヨコハマベイの先の海に降りて♪はしゃいでいる娘たち(^o^)

image

『ロカンダ世田谷』は半端なく、ハワイ好きですよ♪

『ロカンダ世田谷』の書棚より⑬

ハワイシリーズ

アンコール♪の声に応えて  もう一丁(笑)(^-^)

image

『Pure   Oahu 』
  高砂淳二の写真集

image

高砂淳二の撮るハワイはほんとに味があるね!!!
ハワイ州政府観光局と<ハワイ50選>を撮ったり、一つ一つの写真の現地を、実際に自分たちで見に行きたくなるよね(^o^)


これはカネオヘ湾にあるsunken  island   日本人向けには<天国の海>って呼ばれたりも♪♪1日に1時間くらい、引き潮の時に、真っ白な砂浜が現れまする(^.^)


   是非、この目で見ようってことで、H1からLikeLike  hwyを飛ばして行きました!まんま、写真通り(ToT)


   海から見るクアロアの断崖の綺麗なこと###


  前回、イーストに行くのにH1からH2って書きましたが、H3の間違い。失礼!!


  この写真集で鳥や植物もよく覚えましたよm(__)m

image

パパイヤ♪♪

image

パイナップル♪♪
一個 30円くらいで売ってるので、食べ放題(笑)
裏の畑から取ってきて、そのまま売ってる感じだね!

この写真集でも、ウェストオアフは沢山紹介してあるが、手付かずで最高だね(^o^)西北のはじっこがカエナポイント#
   その出前のヨコハマベイまで行くと誰もいない!初めて行った時は、ちょっと怖かったくらい(笑)

image

今度は、先っぽまで行ってみたいな(⌒‐⌒)

ウェストのよさを知ってから、ほんとにハワイにはまりました!
コオリナのラグーンにある、コンドミニアム♪♪♪
ほんと、最高  最高(^.^)

image

この本のお陰で、あちこち行きました!
まだ、行ってないとこ、行くでしょう♪♪♪

『ロカンダ世田谷』の書棚より⑫

   ちょっと久しぶりの更新です!

   ハワイシリーズもこれで一応  一区切りに♪♪♪

   やっぱり、地図こそが一番の頼り!!(^_^)
   オアフ島の全島のマップとパートマップ。道路がわかるのと、イラストで感覚的に分かりやすいものやら、使い分けがポイント##

image

   H1のどこで降りればいいのやら……入り口は何処がベストやら(^^)これがわかると、スイスイ何処にでも行けまする♪♪♪
   東側に行くのにH2で行こうか、PALII  highway にしよ
うか、いろいろ考えるのも楽しいよ!
   PALII  highway の一番高い所にあるlookout 、カイルアが見通せて綺麗だよm(__)m

image

   東の先っぽのマカプー岬からはクジラが見えたりもするし、少し南に回ると、遠くにマウイ島やラナイ島も見えたりします♪♪♪

image

   最高のドライブコースだね(^o^)H1westでそのまま西海岸のコオリナに帰ってくるのもいいね##カポレイでSAFEWAY に寄って、ガッチリ買い物して帰ると楽チンだね(^o^)

image

  コオリナのコンドミニアムに帰ってくると、ビーチに行ってカメに逢ってから(^o^)晩飯作り!!!

image

   おかげさまで、もう地図はぼろぼろになって、アッチコッチがセロテープで補強してあります(笑)
   ダイナミックなサンセットを部屋から見ながら、さて晩飯だよm(__)mほんとに地図にはお世話になりっぱなしだね!

image

  金環日食もいいけど、このサンセットには勝てないよ(^^)(^^)

   『ロカンダ世田谷』の書棚には、そんな使い込まれたモノばかり♪♪たぶん香りもすると思います(^o^)v(笑)

   Mahalo!

『ロカンダ世田谷』の書棚より⑪

   ハワイの本  第三弾!!

   『Maui  Revealed』
   『Oahu 』map
  
  前回の『Oahu   Revealed 』のマウイ島版♪♪
  もう一冊はオアフ島の住宅地図みたいなもの。ローカルのビーチへの道と車の停め方は、これくらいの地図があった方が楽チンですな!!(^-^)

image

   マウイ島は比較的道路は単純だけど、細かい目的地には、このガイドブックが必須です!
   探しながら行ったのが、クラにあるラベンダーのハーブガーデン(^o^)ハレアカラ火山の南西斜面に広がり♪海まで見通せて最高だよm(__)m

image

   さらにその先に行くと、テデスキービンヤード!!!パイナップルワインを作っているワイナリーです!このワインを飲むと、マウイの風が吹くよ♪!♪
   ロカンダのお勧めワインなので、是非お試しくださいね(^-^)想像とはたぶん、ちょっと違うと思うよ♪甘くなくてサッパリしております(ToT)

image

   ローカルを探すと思わぬ絶景ポイントに出逢えるよ!オアフ島の○○○○で見つけた、私達だけの通称『カメビーチ』♪♪♪必ず見に行きます!オアフ島にも、こんな所が一杯。誰にも教えません(笑)(笑)

image

   皆さんも是非、自分の My  favorite  を見つけてね♪
   もし、なんかあったらロカンダスタッフに聞いてみて下さい(^-^)きっと親切に応えてくれるはず♪♪♪
    Mahalo !(^^ゞ

『ロカンダ世田谷の書棚』より⑩

  ハワイシリーズ  第二弾♪♪♪

『Oahu   Revealed』
  私達の知る限り、ハワイのガイドブックとしては最強にして最良!それのオアフ島バージョン(^-^)
   もちろん、他のアイランドも一冊づつあります♪
   これと地図を持ってどこでも行くぜ(^o^)
   日本語のガイドブックはやっぱり、インチキが多い!
難点は英語、でも現地の標識もなんもかも英語か、ハワイ語だから、かえって便利ですよ(^.^)
   ロカンダ世田谷は、料理、インテリア、サービス  どれもアロハスピリッツいっぱい♪   Mahalo(^o^)/

image

  リリハ  ベーカリー    たどり辿って行きました!ココパフもパンケーキも絶品♪ロコしかいなくて、日本人しかいないどこぞの有名店とは大違い!!
   しばらくは、ハワイシリーズでいくかな(笑)

image

   一緒に写ってるCDはケアリー  レイシェル、ハワイのミュージシャン♪店でよくかかっているよ(^o^)

   ところで、前回紹介した『Eddie Would Go 』の裏表紙に本人が写ってるので、それものっけておきますm(__)m

image

   真ん中の写真、横向いたまま直せないや(笑)
   技量が足りないよ(>_<トホホдbr>

『ロカンダ世田谷』の書棚より⑨

  一応、ワインの本は一旦終了!
まだまだありますがまたの機会に♪♪
振り返ってみると、ここまでずっと  酒に関する話題ばかりでした。まあ、カフェだからいいか(笑)

   さて、いきなりハワイに飛びます(^o^)
  『Eddie  would  go』
    日本語で言えば、『エディーなら行くぜ』みたいな感じ……誰もが尻込みするようなビッグウェーブが来ても、彼だけは海に飛び込んで行ったそうな♪♪♪
    伝説のサーファーにしてライフガード!
    ハワイのロコ達の英雄(^_^)

私達もその志を受け継いで   ロカンダ世田谷   をやってま~す♪♪
    Locanda   would   go !!!   (笑)

image

LOCANDA世田谷
ブログ
コンセプト
ロカンダ世田谷について
お問い合わせ
MAP